愛すべきゴロー

最近は歩く力が弱く、ランまでにはたどり着けない。

よほど暖かい日は来てくれるかもしれない。

つなぎ服や、エリザベスウェアーを着せ傷口を舐めないようカバーしている。

日増しに寒くなるので、夜は外の犬小屋ではなく、母屋の中の玄関口にて寝ている。

腫瘍の箇所はガンと思われ、あちこちへの転移の可能性があので、

内服薬を施し、自然に任せることとしている。

それだけに痛みに耐えるゴロー自身の頑張りはせつないが、

できるだけのことをし、見守りたい。