春泥

春泥こそ大地が春を産み出すための苦しみ。

このぬかるみを踏み越えてこそ、花咲き、風薫る、極楽浄土のような爛漫の春を迎えることができる。

この言葉は奥が深い。もう少しの辛抱です。