百千鳥

鳥たちはうららかな陽気を喜んで鳴き合い、愛を交わし合う。

入り乱れ入り乱れつつ百千鳥

春の光がまぶしい。

だが鳥たちもテリトリー守るため甲高い鳴き声で必死に戦っている。

 

犬たちも過去も未来もなく、今の瞬間を楽しみ嬉しそうに駆け巡る。

 

今を精一杯生きる

生き物とはすべからくそうなんだ。